飲食店における食券販売機導入のメリットとデメリットについて紹介しているサイト

食の多様化で飲食店需要も右肩上がり?

大幅なコストカットができる場合がある

飲食店経営には、土地代や賃貸であれば店舗の賃料、食材や調味料や器などの材料費など、スタートであれば更にさまざまなコストがかかってきます。
更に経営コストの大きな割合を占めるものの1つとして人件費があります。
どんな経営形態の飲食店なのかによって大きく変わってきますが、接客で注文を受けてサーブするような業態であれば何人かのウエイターやウエイトレスを配置しますし、調理や掃除などをするスタッフも必要ですね。

うまくシフトを組んで回せば良いですが、体調の変化などによるイレギュラーもあるため多くの人を雇うのはリスクもあります。
勘違いなどのミスを防止できる食券販売機であれば、機械なので故障しない限り正確な注文や会計ができるので、そこに割く人件費と比べてかなりコストカットできる場合があるでしょう。

客との接触が減る

飲食店の経営方針によっては客とスタッフとのやり取りありきの考え方を店舗の売りにしている場合もありますが、ここを少なくすることによるメリットもあります。
注文の聞き取り間違いや伝え間違いなどを防止できますし、マナーの悪いお客であれば無理な注文でスタッフを困らせるといった場面を減らすことにも繋がるでしょう。

お客あっての店舗経営であっても、昨今はマナーの悪いお客の問題などもクローズアップされ接客に従事する人を苦しめる1因となってもいます。
飲食店において1番問題が起きやすいのはメニューの聞き間違いやサービスの面なので、そこを機械化することで減らせばトラブルを最小限にしてスタッフの就業しやすさに繋がる場合もあるでしょう。


この記事をシェアする